書籍・雑誌

2007年6月19日 (火)

ユダヤ人大富豪の教え その1ー1

 

大富豪なんて夢のまた夢(^_^;

全く違う世界での人達の話?
そんな感じでしばらく書店に行っても手に取ることもしませんでした。
(人間て本当に限られた世界・感情の中で生きているんですね)

ところが先日、生活環境が一変し

住む場所・仕事・友人関係・気候 etc

私の考え方も、新たな方向に進んでいる時でした。
今までの書籍ではなく、コミックというところにも引かれました。
「まあ!軽く読めたらいいんじゃないかな?」
ぐらいの気持ちで・・・

 イントロダクションは軽く読めました。
(漫画だから、スッと入って来ます。)
普通の大学生のケンがいつもの生活に疑問を感じ
面接を受け、アメリカに行き苦労を重ねながら
人生に重大な影響を与える人に会うまでを描いています。

  • 日々の目標の無い暮らしからの脱出

  ・・・私も大学時代そうでした。時間の自由が余るほどあり、酒を飲み、カラオケ、バイクを買ってツーリング、バイト・・・

  •  面接での奇抜な衣装の選択
  •  スピーチの勉強と失敗
  •  出会いと別れ

など、エピソードの中に私達にも出来そうな提案が
たくさん出てきます。

ホームステイ先のナンシーが言った言葉は私にいつも勇気を与えてくれます。

「人生に偶然はないわ。きっとフロリダであなたの人生に意味のある出会いが待っているのよ!」

わたしもそう思うんですね。 人は気づかずに、毎日を生きている! でも意識しようが、ただ流されるままに生きようが、
実は偶然ではないということ。 人生には意味があるんですよ。
 そんなところに共感したので、この本を買いました。

そして、これからが大富豪”ゲーラー氏”との会話や、実践が出てくるのですが、それは次回の講釈で・・・

目次
イントロダクション1 新たな挑戦
イントロダクション2 合格
イントロダクション3 アメリカ上陸
イントロダクション4 スピーチ猛特訓
イントロダクション5 フロリダの出会い
プロローグ ひとりの老人との出会いが僕の運命を変えた
第1の秘訣 社会の成り立ちを知る
第2の秘訣 自分を知り大切なことをやる
第3の秘訣 ものや人を見る目を養い直感力を高める
第4の秘訣 思考と感情の力を知る
第5の秘訣 スピーチの天才になる
第6の秘訣 セールスの達人になる(前編)

以降はユダヤ人大富豪の教え その2
に続く・・・

にほんブログ村 本ブログへ

 

コミック ユダヤ人大富豪の教え(1) アメリカ旅立ち篇 Book コミック ユダヤ人大富豪の教え(1) アメリカ旅立ち篇

著者:本田 健,今谷 鉄柱
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年6月11日 (月)

3週間続けば・・・

ー3週間続ければ一生が変わるー

ロビン・シャーマ

自分のことってわかっているようで、わかっていないんですよね。
ソクラテスは【無知の知】で有名ですが
「私は自分が知らないということを、知っている。」
ことがすごいと言うことです。

 自分のことがわかればもっと楽に生きられる。 肩の力を抜いて歩いていけると思うんですね。
でも実際は、「自分を大きく見せよう・強く見せよう・カッコよく見せよう。」と無理をするンですよ。 無理は必ずどこかに被害を及ぼす・・・ 一番出やすいのが心であり体なのではないでしょうか? 
自分を変えるにはどうしたらいいのだろうか(._.) そんな時に読んだのがこの
 ー3週間続ければ一生が変わるー
でした。
 自分を変える、生活を変えるって難しいんですよね。 
最初は、たった3週間でかわるのかな? 大げさじゃないのと思いました。
でも、自分の心の持ちようが大切です。
夜型から朝型に変えるにも、最初はキツクテめげてしまう。 それでも続けていると慣れてくるんですね。そして3週間ぐらい経つと、もうそのサイクルに慣れてしまいます。(受験の時に実証済み)
 やはり続けることなんですね。
そこで、この本の中では、自分を変える101の方法を紹介しています。 
よくある方法から、目新しいものまでありました。
101もあるのですからすべてやろうなんてできません!! また、すでにできているものもあるので、101チェックして、自分が必要だと思うものから始めてみるといいですよ。
私は  25「日記ではなく日誌をつける」をやってみました。 
また、 30「自分専用の”理事会”を招集する」もやってみました。
これはけっこう面白いですよ。
 自分で勝手に理事会を開くんです。
その会のテーマを決め、必要な人を招待する。 メンバーは自分で決めて良いんです。
 ・ベンジャミン・フランクリン・・・人格にかかわる問題
 ・アルベルト・シュヴァイツァー・・・他者に対する奉仕の大切さ
 ・ブルース・リー・・・自己鍛練について
という具合です。
 私は、指導と情熱について・・・星野仙一さん
を招待しました。
そして、インターネットで調べたり、本を読んだり、テレビを見たり、それが全部私に話してくれていると思っていると、本当にそうなってくるんですね。
こんな風にすると、私の頭の中には「世界中の賢者・識者・勇者」がいつでも現れて助言をしてくれます。 
 自分を成長させることって、いつでもできる! 良くすることってすぐにでもできる。
心の持ちようだな〜と思いました。

 目次
1.「できない自分」から行動型人間へ
  ☆行動力☆
2.「時間のムダづかい」から有効活用へ
  ☆時間管理☆
3.「弱気な自分」から一歩前に出る自分へ
  ☆ポジティブ思考☆
4.「不満・くすぶり」から能力開花へ
  ☆自己表現☆
5.「気分屋」から意識的な生き方へ
  ☆意識改革☆
6.悪いストレスから心身のリフレッシュへ
  ☆癒しと健康☆
7.とめどない忙しさから心の豊かさへ
  ☆発想力☆
8.「つきあいべた」から積極的な人脈づくりへ
  ☆人間関係☆
9.「仕事人間」から賢い家庭人へ
  ☆家族愛☆
10.無目的人生から「実りの人生」へ
  ☆目標実現型人生☆





3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知


Book

3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知


著者:ロビン シャーマ

販売元:海竜社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年6月 8日 (金)

ザ・マインドマップ

 最近興味をもっている本がマインドマップについてです。
考え方をまとめたりするのに役立ちます。
最初は図で書くぐらいのひとつの方法だろうと、思ってましたが
半信半疑で始めてみると、これが面白いように書けてしまうんですね。
 私は字が下手、絵が下手、右脳が発達していないのではないか?(笑)
と思うほど芸術系は向かなかったのですが、マインドマップは違いました。
逆に、右脳を開発してしまうのではないかという感じで書くことができます。

この本は私が最初に手にした本ですが、マインドマップを使って考えを進めていきます。
そして、応用例などもたくさんありすぐに「やってみようかな!」という気に
なります。
 どうぞ、試してみてください。 
ほかにもマインドマップを扱った本はたくさん出ていますので、少しずつ紹介していきますね。
では、マインドマップの世界へどうぞ!!




ザ・マインドマップ


Book

ザ・マインドマップ


著者:トニー・ブザン,バリー・ブザン

販売元:ダイヤモンド社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

検索

  • Google

解析

google

どうですか

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

芍薬の花

  • 太陽をいっぱい受けて
    5月に咲いた芍薬 立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

最近のトラックバック